都筑区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(都筑区)―

今井崎 理沙 院長/みなみテラス歯科(センター南駅・歯科口腔外科)の院長紹介ページ

今井崎 理沙 院長

RISA IMAIZAKI

わかりやすい説明と細やかな心配りを忘れず
患者さんの大切な歯を守るお手伝いを

鹿児島大学歯学部を卒業後、研修を経て、横浜市内の歯科医院で経験を重ねる。親子3世代で通えるクリニックをめざして、「センター南駅」そばに開業。

今井崎 理沙 院長

今井崎 理沙 院長

みなみテラス歯科

都筑区/茅ケ崎中央/センター南駅

  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科
  • ●歯科

歯科医師として3児の母として、みなさまのお口の健康を見守っていく

今井崎 理沙 院長

父が脳外科医で幼い頃から背中を見てきたこと、そして父の仕事に尊敬の念を抱いていたことから、医療の道に進もうと思っていました。温かい気候と人の温かさが気に入り鹿児島大歯学部に入学しました。お口の中の環境は生活習慣や成長過程で異なり人それぞれですが、心がけやお手入れひとつで良い方向に変えていくことができます。専門課程に入り勉強を進めていきますと、このようなことをはじめとした歯科の面白さを実感するようになりました。また研修医のときによい指導医に巡り合えたことも、大きかったのだと思います。

大学卒業後は生まれ育った横浜に戻って研修医時代を過ごし、勤務医として歯周専門医の先生のもとなどで勉強してきました。鹿児島は環境も人も大好きだったのですが、ちょうどよくこちらの医師の継続の話があり、センター南駅のそばでスーパーマーケットのすぐ隣というこの場所とご縁がありました。この駅はわたしが子供の頃にできた駅で、その変遷を見てきた場所でもあります。

スーパーの隣という絶好の立地ですから、買い物のついでに患者さんがいらしてくださることはうれしいですね。「歯医者さんは苦手だけど….」と言いつつ意を決していらっしゃる方も多いです。わたしは現在3人の子どもを育てていますので、母親の視点でご家族全員のお口の健康に貢献できたらと考えています。まずはマタニティ健診からアドバイスをさせていただきたいと思います。

わたしが好きな分野は歯周病です。大学院に行かずに認定医資格を取るのは大変で、現在は診療時間を割いて症例発表の準備はしづらい状況ではありますが、いつかは歯周病認定医としてさらに専門を深めてみなさまに貢献していきたいですね。

わかりやすい説明を心がけ、患者さんの理解を深める

今井崎 理沙 院長

まずは患者さんにご自身のお口の状態を正確に把握していただくための環境を整えました。CTやマイクロスコープを使うとよりリアルな画像を元に原因をより具体的に追究して説明できます。よく歯を「抜かれた」「削られた」という感想を耳にしますが、これには患者さんご自身の意志ではなく歯科医師に「やられてしまった」という気持ちが反映されています。そこで、なぜその治療が必要なのか口の状態を把握してもらうことからわかっていただくようにしています。

もうひとつは、「おもてなし」の気持ちを大切にしています。女性だからこそ気がつけるさりげない心遣いや安心感を感じて頂ければ幸いです。その一環でご提供させていただいているのが、「歯科治療中のレシピ」です 。

歯の治療中は何かと制約があり、噛む力が落ちます。しかし調理法を変えることで食べられるものもありますから、患者さんが治療中でも食事を楽しめる手助けをさせていただきたいのです。たまたま歯科雑誌の裏ページにレシピを発見したのですが、これが好評で現在は書籍として出版されています。ご覧になった患者さんが帰りにスーパーで買っていかれるという、とてもよい循環を生んでいます。食べることは人間生活の基本であり、健康な体を保つためには欠かせません。

大切な歯を守るため、正しい情報を発信していく

今井崎 理沙 院長

歯磨き指導を行っても効果が出ない患者さん、歯磨きが苦手な患者さんには、やはり虫歯を削らざるを得ません。しかし歯磨きやフッ素ケアをはじめとするお手入れが行き届いている患者さんであれば、軽度の虫歯は経過観察しています。同じ虫歯でも、患者さんの生活環境などで対処法は変わります。削らないほどそれが可能となるように歯の寿命は延びますし、根気よく指導していきたいと思います。
よく予防歯科は虫歯になる前の人のものだと考える方がいらっしゃるのですが、これは現在のお口の状態をそれより先に悪化させないことで、すべての人に当てはまります。また虫歯や歯周病が生活習慣病であることがあまり浸透していませんので、これも丁寧にお伝えしていきたいです。

ただお手元が不自由な高齢者に道具を上手に使った掃除を指導するのは無理なことです。指導の在り方は人によってケース・バイ・ケースで考えていかなくてはなりません。

未来ある子供たちのお口の健康をサポート

実は小さなお子さんの虫歯は、親御さんが作っているケースが少なくありません。またお子さんを取り巻く環境も大きな影響を及ぼしますから、これを見極めるために未就学児専用の問診票をご用意しています。内容は、ご両親の矯正治療の経験の有無、早産だったか、兄弟構成はどうか、お食事・おやつの内容・時間・量…….といったことです。

治療の必要がないお子さんには、レベルに合わせたお手入れのステップアップなど予防プログラムが中心になります。ご自分ではまだ上手にできませんから、親御さんへの指導も並行して進めます。残念ながら虫歯ができた場合はすぐに治療します。しかし、お子さんの協力度が低く治療困難であったり、急を用する場合は、小児歯科専門で実績のある先生にお願いすることもあります。

当院でもおもちゃやプレイルームはご用意していますが、歯医者に行く目的は遊びではありません。口の中をきれいにしてもらうのは、お子さんにとっても気持ちが良い事なので親御さんには、歯医者が怖くて痛い治療をする場所だという先入観を持たせないようにお話ししています。横浜市妊婦無料歯科健診をきっかけに通ってきていただければ、移行的にお子さんが怖がらずに口を開けてもらえるよう指導できます。

これから受診される患者さんへ

せっかく足を運んでくださった患者さんががっかりされないよう、当院は10時から18時まで休み時間なしで診療しています。主婦の方はもちろん、近隣でお勤めの患者さんにもお昼の時間を治療に当てることができます。またふだん通勤・通学でお忙しい患者さんにも通っていただけるよう、土日の診療も行っています。どうかお気軽におこしください。

患者さんには3か月ごとの定期健診をお勧めしています。年2回の頻度が一般的ですが、それだと治療から次の健診まで6か月空き歯茎が腫れるなどの不調が起こりやすくなります。ひどい場合はふりだしに戻ってしまうこともあります。健診の間が空くほど口の中の状態は維持しにくくなりますので、どうか3か月を目安にチェックにいらしてください。

※上記記事は2016.10に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

今井崎 理沙 院長 MEMO

  • 出身地:横浜市
  • 趣味・特技:サーフィン
  • 好きな映画:「海猿」シリーズ(2004年~、東宝)
  • 好きな言葉・座右の銘:人生に不可能はない、何事も当たって砕けろ
  • 好きな音楽やアーティスト:米国R&BシンガーのUsher
  • 好きな場所・観光地:鹿児島

グラフで見る『今井崎 理沙 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート