都筑区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(都筑区)―

坂野院長・武田医師・大原医師/おとめクリニック(センター南駅・婦人科)の院長紹介ページ

坂野院長・武田医師・大原医師

SAKANO,TAKEDA&OHARA

高度なチーム医療とおもてなしの心で
安心・快適な時間を提供していく

大学卒業後、産婦人科を専門に研鑽を積む。理想のクリニックづくりをめざし、「センター南駅」そばに開業。

坂野院長・武田医師・大原医師

坂野院長・武田医師・大原医師

おとめクリニック

都筑区/茅ケ崎中央/センター南駅

  • ●婦人科
  • ●産科
  • ●産婦人科

最良の妊娠・出産ライフを叶える、理想のクリニックをめざして

坂野院長・武田医師・大原医師

【坂野 院長】
きっかけは、高校生の時に被災した阪神大震災でした。「医師だったら、もっと人の役に立てたのに…。」あのときに抱いた思いが、この道に進むきっかけとなったのです。それ以前から、仲の良い先輩が医学部を目指していたということもあり、この世界への憧れというものは持っていましたが、あの時を境に、憧れは、目指すべきものへと変わっていきました。
産婦人科を選択したことについては、やはりこの科の特殊性にあると思っています。産婦人科は一般的に他科の先生が立ち入れない分野であり、入ったら入ったで、産科もあれば婦人科もあり、はたまた不妊治療もあり、ということで、この科の多様性に魅力を感じ、選んだという次第です。

クリニックを開くにあたっては、既存の産科医院のイメージを良い意味で払拭する空間づくりを目指し、設計は『seki.design』に、空間デザインを『Specialnormal Inc.』に依頼しました。当初よく松浦先生と話していたのが、「女の子がみんな、ピンクやハートが好きだと思うなよ」ということでした(笑)。全体としてスタイリッシュなホテルをイメージし、広くて明るくて快適で、なおかつ、プライバシー&セキュリティを重視した建物となっています。
患者さんの身の回りをサポートするコンシェルジェ。さらにエステサロンや託児室等の施設は、「次に出産することがあったら、こんなクリニックで…」という、スタッフみんなのアイデアを形にしたものです。最良の妊娠・出産を皆様に送っていただきたいと思っています。

エステサービスを通して、母になるためのお手伝いを

坂野院長・武田医師・大原医師

【武田 産科医師】
おそらく、両親が医者にしたかったんだと思うんです。物心ついた頃には、「医者になろう」と思うようになっていましたから。きっと、「医者が良いと思うよ。どう?」って小さい頃から仕込まれて育ったんでしょうね(笑)。
産婦人科は、女医であることが最も喜ばれる科でもあります。妊娠には必ず終わりがあり、そのため、最後まで患者さんと関わっていくことが出来ます。最終的に産婦人科だからこそのやりがいというものを自分なりに見出し、この科を選択したということだと思っています。

クリニックには、お子さまとの思い出を美しく残していただけるよう、エステルームのご用意があります。選りすぐったコスメを用い、専属のエステティシャンによる各種のエステサービスを是非お試しいただきたいですね。
エステをする前と後では、患者さんの様子は全く変わってくるんです。施術後の患者さんの様子を一言で表現すると、「お母さんになる」といったところでしょうか。美しくなることはもちろんですが、ここで心と身体を一度リセットすることで、我が子を育てていく母親としての準備が整うという感じかもしれません。

麻酔科医の立場から、安心・安全な出産をサポート

坂野院長・武田医師・大原医師

【大原 麻酔科医師】
脳外科医だった叔父が、よく手術の話を聞かせてくれて、「すごく面白そう」と思い、今に至っているような気がしています。
麻酔科の中にも様々な分野があるのですが、私が産科麻酔を学ぶようになったのは、医師となって10年が経過してからのことでした。当時、アメリカに留学していたことがあり、知人の出産に立ち会うことになり、そこでおこなわれていたのが無痛分娩で、まさに、百聞は一見にしかず、という体験となりました。日本で見てきたお産とは全く異なることに感動し、すぐさま研修をさせてもらえるようにお願いして現在のライフワークに至ります。

当クリニックでは自然分娩と無痛分娩を選択していただけます。日本には、「陣痛に耐えてこそ…」という風潮が残っていますが、実際のところ、陣痛による痛みは肉体的にも精神的にも多大なストレスを母体に与えます。
また、無痛分娩は、母体のみならず、赤ちゃんのストレスを減らすことがデータによって証明されています。具体的に例を挙げますと、胎盤や臍帯の血流と産道の血流が良くなることで、お産がスムーズにおこなわれやすくなり、結果、赤ちゃんの負担も減るといったものです。
又順調に妊娠が経過していたとしても、突発的な出来事がおこりかねないのが出産というものです。自然分娩であっても無痛分娩であっても、救急の専門家でもある麻酔科医が出産に立ち会うことが、安全で安心な出産に寄与するものは多いと考えています。

トリプルチェック体制により、見落としのない診療を

当クリニックは私を含め3名の産婦人科医が在籍していますが、いわゆるドクター名予約をおこなっておりません。これには、医師の不在(出産の立ち会い等)による外来患者さんの待ち時間を少なくするという意味合いがあります。
また、妊婦健診中には、1人の患者さんに対して、必ず3名の医師がそれぞれ診察をおこなっています。皆がそれぞれ見たものを照らし合わせることで、万が一の見落としのリスクを回避し、より確実で安心な治療を可能にします。1人よりも3人。万全のチェック機能を働かせることで、安心して出産の時を迎えていただけるようにと考えています。

これから受診される患者さんへ

【坂野 院長】
建物や内装はスタイリッシュなものに仕上がっていますが、中では同じ釜のごはん食べ、和気あいあいとした雰囲気を尊ぶ、昔ながらの産科医院とお考えください。費用に関しましても、より多くの方にご利用いただくべくリーズナブルなものとなっています。
私どもは、「赤ちゃんを産むお母さん」こそを一番に考えています。とびきりのチームワークとおもてなしの心で、安心で快適な時間を皆様に提供してきたいですね。

※上記記事は2014.4に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

坂野院長・武田医師・大原医師 MEMO

  • 出身地:[坂野 院長] 兵庫 [武田 産科医師] 愛知  [大原 麻酔科医師] 広島
  • 趣味・特技:[坂野 院長] モーグルスキー [武田 産科医師] お菓子作り、旅行  [大原 麻酔科医師] 美術鑑賞、フラワーアレンジメント
  • 好きな場所・観光地:[坂野 院長] 雪山 [武田 産科医師] 海  [大原 麻酔科医師] 京都

グラフで見る『坂野院長・武田医師・大原医師』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート