都筑区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(都筑区)―

上林 正治 院長/上林クリニック(中川駅・内科)の院長紹介ページ

上林 正治 院長

MASAHIRO KAMIBAYASHI

苦痛のない内視鏡検査を中心に
本当に安心できる医療を提供していく

聖マリアンナ医科大学を卒業後、消化器内科を専門に研鑽を積む。現在は父のクリニックを継承し、地域住民の健康をサポートしている。

上林 正治 院長

上林 正治 院長

上林クリニック

都筑区/中川/中川駅

  • ●内科
  • ●循環器内科
  • ●外科
  • ●整形外科
  • ●訪問診療

父と同じ医師になり、消化器を専門に研鑽を積む

上林 正治 院長

1992年に父が開院し今年で23年目になりました。徐々に一緒に仕事をする機会が増え、自然な流れで約7年前にクリニックを継承しました。患者さんを家族のように思い献身的に診療している父の姿をみて、ぼんやりとですが自分の将来像を重ねていたような気がします。 また、中学時代にお世話になった病院の先生方の影響も大きいのかなと思います。 回復に時間がかかる大きなケガをしたのですが、焦る私を勇気づけ励ましてくださった先生に助けられました。患者さんの気持ちに寄り添いながら治療をすすめてくれた先生のおかげで、リハビリ生活をあきらめないで継続できたことや当時の苦しかった経験なども影響しているのかなと思います。卒業後はいろいろなことを吸収したい思いが強く専門を決めかねていましたが、恩師との出会いもあり消化器を専門にしました。医療に対する姿勢が真摯な大変厳しい先生で内視鏡の診断・治療はもちろんのこと、専門以外の内科全般のことに関しても豊富な経験があり、今でも月1回お会いし叱咤激励をいただけるのは本当にありがたいと思います。以前より厳しくなっているのでは・・と感じるご指導もクリニックで診療する上での活力にもなっています。消化器では内視鏡検査、処置など技術的なことも必要とされるところでしたので細かな作業が好きな自分にはあっていたのかなと思います。 たくさんの方々の支えがあって今があると思っていますので、医療という形で恩返しをしていきたいという気持ちが強いです。

さらなるスキルアップを怠らず、苦痛のない内視鏡検査を提供

上林 正治 院長

経鼻内視鏡検査のメリットは口からの内視鏡検査と比較してオエッという嘔吐反射が少ないことだと思います。また鼻や咽頭の観察もできるので観察範囲が広く、鎮静剤の使用もないので、検査後はすぐ日常の生活に戻れるのもいいところかと思います。初めての方でも比較的抵抗なく検査していただけるかと思います。検査中の拘束時間はもちろんある程度苦痛ではあると思いますので、不安感をできるだけ軽減できるよう検査前の説明、準備は丁寧に行い、当然ですが技術的な内視鏡操作などは最大限の努力をしています。内視鏡検査が初めての方や検査に不安感をもって受診される方も多いですが、患者さんの気持ちに見合う以上のものを提供できるよう、「検査をしてよかった」と感じていただけるよう正確な診断、安全な内視鏡検査を心がけています。内視鏡の診断、技術のステップアップのためにも休診日には総合病院で内視鏡医として勤務しています。 病院では内視鏡件数が非常に多く様々な症例を経験するのでクリニックの患者様にもフィードバックできるようにしています。

リフレッシュタイムを充実させ、新たな気持ちで診療にあたる

上林 正治 院長

以前はジョギングしたり、学生時代の仲間とフットサルをしたり少ない時間をみつけてよく体を動かしていましたが、最近はなかなかできていません。 霜降りになってきたお腹をなんとかすべく、トレーニングをしたい気持ちはあるのですが、 なかなか・・。なまけているのでそろそろメタボ対策をしないといけませんね。都筑区は公園など自然が多く、運動していてとても気持ちが良い場所が多いため外に出てもっと体を動かしていけるようになりたいです。 私は3人兄弟の長男なのですが、たまの休日に両親、兄弟家族と集まって外でバーベキューをするのも楽しみのひとつです。3人ともサッカー部だったので集まるとよくボールを蹴るのですが弟2人には遊ばれてばかりで気づくと大体私一人が汗だくになっていて子供たちに大笑いされていることが多いですね。

患者さんの訴えに丁寧に耳を傾け、最良の医療につなげていく

謙虚な気持ちで診療することを大切にしています。適切な診断・治療はもちろんですが、病気が治る過程には患者さんご自身の治癒力も重要かと思います。できるだけサポートするような寄り添う医療ができれば・・と思います。困っている方、わざわざクリニックに足を運んでくださる方のお話にきちんと耳を傾けること、また一方的な診療にならないよう問診にはできるだけ時間をかけるようにしています。

これから受診される患者さんへ

基本的なことですが、当たり前のことを丁寧にきちんと実践していきたいです。正しい方向性をつけて診療することがホームドクターのひとつの大切な役目だと思っています。
まだ43歳ですので、患者様の多くは人生の先輩でありお話をしていても教わることが多く頭の下がる思いばかりです。まだまだ止まることなく研鑽していかなければと思います。 人と人とのふれあいを大切に、どんな問題であれ解決の糸口を共に探り明日からの生活に少しでもお役立ちできればと思っています。 気になることがあれば、些細なことでもご相談いただければと思います。

※上記記事は2014.12に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

上林 正治 院長 MEMO

  • 出身地:横浜市
  • 趣味・特技:サッカー、公園遊び(子どもと)
  • 好きな映画:ライフ イズ ビューティフル
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:バン・ヘイレン
  • 好きな言葉・座右の銘:思いやり
  • 好きな場所・観光地:自然のあるところ

グラフで見る『上林 正治 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート